こんにちは!

京都市左京区岡崎の英語deピアノ、ピアノ講師の藤井未散です。

 

国際結婚をして今年で23年目になります。

オーストラリア人の主人とは英語で話しています。

 

 

その経験もあり、ピアノだけではなく、英語が話せる楽しさや外国の文化や食生活など世界観を伝えたいという思いで

Michi's Music Schoolを開講しております

 

 

以前の英語教育は、受験の為だけの詰め込み式で、実際に英語が話せるようになったのかと言えば、NOです。

2020年からは学習指導要領も変わり、小学校中学年から外国語教育が導入されました。

しかし、まだまだ授業数も少なく、ALT(外国語指導補助)の先生も足りていません。

 

 

Michi's Music Schoolではピアノやリトミックを楽しみながら、英語での会話世界で人気の

『ピアノアドベンチャー』という英語版の教本を使い、英語での会話で学習にも役立つよう指導しています。

 

 

英語でピアノはピアノも学びながら、簡単な挨拶はもちろん、英語での受け答えもできるようになります。

学校では習わない英語の言い回しや文化なども学んでいきます。

 

 

 

英語リトミックでは英語の歌をよく歌います。

曜日であったり、英語のフレーズを歌うので、英語がしっかりと覚えられ、実際の会話でも使えるようになります。

小さい年齢ほど聴力や吸収力・感覚も優れているので、幼児期から学ばれると発音が良くなり、英語に対する抵抗感も無くなります。

  

 

 

ピアノにおいては1音から美しい音色で奏でる奏法を取り入れています。

耳を澄ませて集中して弾くので集中力も高まります。

また、自分達で考えて行動するように促す声掛けやレッスンもしています。

 

 

 

世界中の人と垣根を越えて、共通である英語・音楽を1つのツールとしてお互いコミュニケーションが取れる、そんな国際色豊かな人に育つよう、指導しています。

 

 

 

     ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 


5歳よりピアノを始める。
大阪音楽大学音楽学部器楽学科(ピアノ科)卒業。
在学中より、ピアノを教え始めました。

その後、結婚・出産などを経て、引越しを機に再びピアノ講師を再開。

14年間のブランクをものともせず、コンクールにて複数の賞を受賞。

ピアノ指導歴19年。英語でピアノはもう7年目に入ります。
第26回京都フランス音楽アカデミーにてピエール・レアク氏のクラスを受講。
第27回同アカデミーでは、エリック・ベルショ氏のクラスを受講。ボリス・ベクテレフ、松田紗依の各氏に師事。イヴ・アンリ氏のレッスンも来日の際に受講。
第10回全日本芸術コンクール 関西本選3位入賞(1位なし)
第18回万里の長城杯国際音楽コンクールにて奨励賞受賞、披露演奏会に出演。
第17,19回(共にAge-G部門)、21,22回(Age-G、リサイタルコースの両部門)大阪国際音楽コンクール入選。
第3回全日本芸術コンクール全国大会4位入賞(1位なし)
第20回万里の長城杯国際音楽コンクールにて第2位(1位なし)、披露演奏会に出演。
2017年2月,京都フランス歌曲協会によるサロンコンサート、7月には協会25周年記念 フォーレとその弟子たち コンサートに出演。
2018年12月,同協会にてシェヘラザードとドンキホーテ コンサートに出演。
全日本ピアノ指導者協会指導会員。NPO法人日本こども教育センター英語リトミック認定講師。京都フランス歌曲協会会員。
インターナショナルスクールでのmusic classのアシスタントの経験もあり。
京都リトミック 研究会にてダルクローズを勉強中。

アメリカが運営するオンラインプラットフォームでベネッセが協業しているUdemyより、一昨年、英語でのピアノレッスン教材をリリース。

現在、YouTubeにも力を入れています。

 

また3人の男子のママでもあります!